IRATORI

ママのためのイライラトリセツ

f:id:KOKOLOLO:20200712152140p:plain

「見ざる、言わざる、聞かざる」に学ぶこと

「他人の悪を見て見ぬふりせよ」 ということではなく、 ・他人の悪いところを見ない ・他人の悪口を言わない ・他人の悪口を聞かない と言う自我の念を意味しています。 加えて「怒らざる」は何事にもイライラせず 怒らないと言う意味です。 あらゆる情報が…

「らしさ」にとらわれすぎると、ありのままを失う

引き続き仏教の教えより 〇〇らしさと言う言葉は日常でもよく使います。 自分らしさ、男らしさ、女らしさ、父親らしさ 母親らしさ、大人らしさ、子供らしさ 挙げればキリがありません。 自然にとった行動が〇〇らしいと言われ 賞賛される事は素晴らしいこと…

失敗しても人格否定しない

またまた仏教の教えより(笑) 失敗をして切り捨てられる人はもちろんですが相手を否定し切り捨てた人にとっても今の世の中は生きづらくなっている のではないかと私は思います。なぜなら失敗が許されない社会を自ら作ってしまっているからです。もともと人…

他人と比較しないことを極める

引き続き仏教の教えから学んでみます(笑) 隣人と自分を比較しないようにすることは、はじめのうちはとても難しいかもしれません。しかし意識して自分自身だけを見つめる事を続けてみてください。そんな日々を少しずつ少しずつ積み重ねていくうちに、頭の中…

いま、この一瞬を生きよう

私はこのマスク社会を終わらせたいと思ってます。でも私1人が頑張ったところで変えられるものではないとわかってます。どんなに頑張っても、変わらないこの現実に心が折れそうになるときもあります。 イライラしてしまう子育てにも…。 忙しい毎日で、過去や…

目の前に集中する

目の前のことに集中するように努めることが大切。 何か特別なことをするのではなく 一定の行為で構いません。 毎日やらなければならない一つ一つのことを しっかりと見つめ、それを一つ一つ丁寧に こなしていくのです。 行動したと言うことが大切なのです。 …

将来の骨密度対策には子どものころからの運動

子ども時に運動習慣があった人は そうでなかった人と比べると 大人になっても運動をする率が8倍。 骨密度を高めて健康長寿に生きる! 骨密度を生涯にわたって決定する要因となるのは 「子どもの頃にどれくらい走って飛び回ったか」。 後から改善しようと思っ…

「幼いうちから保育園」は罪悪感を感じる必要なし

幼いうちから保育園などに預けることに対し親子の関係が薄まるのでは?愛着がうまく形成されないのでは?と危惧する必要はありません。仕事でもボランティアでも、親自身も社会と関わって生活しその間子供は信頼できる人に託す。そして、子供と再会したとき…

ちゃんとしてる親ってなに?

くつが左右反対の子どもの親はちゃんとしてない? いいえ、子どもが自分でやったことを 尊重している親なのかもしれません。 忘れ物の多い子の親は? 親が代わりに用意せず 子ども自身に管理させ 責任を取らせている親なのかもしれません 風邪を引いても 薬…

負の連鎖をストップさせよう

虐待を受けたことのある人はもちろん、 ない人にも知ってほしい。 新たな虐待を生み出さないでほしいから>< 1/3・・・ 自分の子どもに対して虐待を行うようになる人 1/3・・・ 普段の生活には支障がないものの 精神的な重圧がかかった時、 かつて自分が…

虐待された子は寿命が20年短くなる

子ども時代に虐待などの逆境体験によってトラウマが生じると 健全なこころの神経の発達が損なわれ、 さまざまな影響により 寿命が20年短くなるという結果が出ています。 親の脳を癒やせば子どもの脳は変わる (NHK出版新書) 作者:明美, 友田 NHK出版 Amazon p…

3〜5歳の精神ストレスの恐ろしさ

子どもがマルトリートメント(虐待)などの 強いストレスにさらされると、 コルチゾールの濃度が高まり、 海馬の神経細胞が損傷を受けることになります。 特に3〜5歳の幼児期に 激しい精神的ストレスを受けると 海馬が萎縮し、その結果、 学習能力や記憶力の…

自分の体は、未来への橋渡し

1945年、米の フランシス・ポテンジャーによる実験では 本来の食性から離れたネコは第三代で滅んだ… ポテンジャーのネコの実験 本来、生ものを食べる習性のネコを 二つのグループに分けて 10年間で600匹を対象に観察した実験。 グループ①のえさ 2/3 生肉+1/…

「使ったものを元の場所に戻す」でゆとりが生まれる

使ったものを元に戻す、というのは 片付け術としてはよく知られていますが、 そのような実用的な効果にとどまらず、 「自分は物のケアをきちんとできている」 「自分は身の回りに秩序を作ることができている」 というゆとりをもたらします。 ポイントはあく…

イライラしたくないなら、口角を上げよう

笑いはイライラを吹き飛ばす、良い方法! 笑いながらイライラすることは不可能で 人は笑っている限り、 イライラすることができないもの。 笑いは、心身に直接の効果を与えます。 笑うことによって、全身がリラックス。 イライラしているとき 筋肉が強ばり、…

イライラの最高レベルから抜け出す方法

それなりに負荷が高いもの(ランニングなど) がオススメ。 もしくはそれなりに集中力を必要とするもの (ヨガなど)がオススメ。 イライラしている時こそ ゆったりしたリラックス系と思いがちだけど、 頭の中でいろいろと考える余地を 作ってしまいイライラ…

「なんで?!」と言うほど、自分の裁量が減っていく

さっき 息子の石頭が私の目の下に降ってきて 激痛で久々に泣きました。 兄弟でのじゃれあいに 巻き込まれました(涙) なんでなの?! 謝りもせず、 兄弟で責任をなすりつけあっていることにも なんで謝らないの?! (謝らせて)なんであんたが泣くの?! …

弱い怒りは手放せても、それ以上は難しい理由

その理由は 「イライラを手放すと損をする」 という感覚そのものに 正面から取り組んでいないから。 ?? 「イライラを手放すと損をする」とは? 私たちは イライラすることによる『損』を知っている一方で イライラを手放すことにも『損』を感じてしまう。 …

お片付けは大人が9割やる

お片付けは大人が9割やって 最後のひとつでも手伝ってくれたら 「ありがとう、きれいになったね」。 それで小さい頃は、OKだと思うのです。 ママが怒らずに済むには? 「片付けようね〜」と言うからには 9割手伝う覚悟を持つ! 手伝えない状況なら「片付けて…

大きなうんちは健康の証!

久しぶりの投稿ですが・・・ こんな話題ですみませんw 実は、年中の息子のうんちが 本当にでかい! 大人みたい、 いやむしろ大人以上? 実は 大きなウンチは健康の証なんだって! ウンチの中の食べ物のカスはたった5% うんちの中身は ほとんどが食べた物の…

子どもの「ギャー」は、無いより、あった方がいい

子どもが「ギャー」と泣き叫んで 制御不能になったとき、むしろ安心できる?! 基本的な脳のネットワークの構造は、そのネットワークを「促進するネットワーク」と「抑制するネットワーク」から成り立っており、お互いに制御するようにできています。 しかし…

森はイライラを軽減してくれる

森の音は、 科学的に人間を癒してくれる効果があった! 世界一の教育先進国フィンランドの親が 実践しているイライラしない秘訣?! 可聴音(人間の耳に聞こえる音)を耳で聴きながら、同時に耳で聞こえないような超高周波の音を身体で感じることによって、…

できていることに目を向ける

子どもが片付けない… ご飯を食べるのが遅い… など悪いところばかり見ていませんか? 今回はこちらの本から そんな話をサクッとご紹介。 幸せ親子になれる 0歳からのアドラー流怒らない子育て 作者:三宅美絵子,岩井俊憲 秀和システム Amazon さくさく読む目次…

登園しぶりにこの一冊 Part2

前回は、長谷川義史氏作の『ようちえんいやや』 子どもの気持ちを受け止めることができる 一冊として紹介させていただきました。 (一番下にリンクあり) そして今回の第二弾は、 こちらの絵本です! たからもののあなた (えほんのぼうけん 83) 作者:まつお …

負の連鎖は、数世代にわたる

イライラして 我が子に感情を爆発させてしまったとき、 ふと頭によぎるのは、 我が子が親になったときの姿。 その姿は、今の自分と同じように 自分の子どもに大声で怒鳴り 怒り狂っている。 そして、 我が子だけでなく 孫も、そしてその子どもにも、 同じこ…

暴力は、言い訳の対象にはならない

最近の育児本は、 ママに優しい言葉掛けが多いですよね。 ママの心を肯定してくれる言葉が多く、 私も何度も救われたことがあります。 私のブログでも、 ママを救う言葉を多く使いますしね。 それを悪く言うつもりは、全くないけれど… でも、やっぱり 暴力な…

厳しく叱ることを恐れない

怒らないことに意識を向けていると、 子どもが機嫌が悪くなることが怖くなりませんか? 子どもがぐずれば こちらに皺寄せがきて ついドカーンと怒り散らしてしまうかもしれない。 私はちょっと怖いです。 暖簾に腕押しとはいうものの いつもそんな風にできる…

登園しぶりにこの一冊 Part1

登園しぶり オススメの絵本はこちら。 ようちえんいやや (絵本・こどものひろば) 作者:長谷川 義史 童心社 Amazon とにかく、 子どもの「行きたくない!」という気持ちを 受け止めてあげられる一冊です。 登園しぶり、 どんな理由であろうと まずは行きたく…

きたない子育てはいいことだらけ!

こんにちは! 生後7ヶ月の赤ちゃんを連れて 毎日幼稚園のお迎えに行くのですが、 その時にたくさんの子供たちが 「可愛い〜」と赤ちゃんを取り囲んでくれます。 コロナがかなり流行していた時は 内心、顔や手は触らないでほしいな〜 と思いながらも 好奇心い…

イライラママへの特効薬はスキンシップ!

子育てって、 うまくいくときとうまくいかないときの波があります。 いい時が続いていたと思ったら、 突然何か歯車が狂い出す。 その原因と対処法をメモしていたとき… 気づいた!!!! 最終的に「スキンシップ」が 原因と対処法の中心にあることを!! スキ…