IRATORI

ママのためのイライラトリセツ

f:id:KOKOLOLO:20200712152140p:plain

カテゴリー「子育てד怒り“が子どもに及ぼす影響」

ちょっと最近怒りすぎちゃうな…と気が緩んできたら、読んでほしいページ。「やっぱり怒るのはよくない!」と初心にかえり、緩みをしめたいときにぜひ。

負の連鎖をストップさせよう

虐待を受けたことのある人はもちろん、 ない人にも知ってほしい。 新たな虐待を生み出さないでほしいから>< 1/3・・・ 自分の子どもに対して虐待を行うようになる人 1/3・・・ 普段の生活には支障がないものの 精神的な重圧がかかった時、 かつて自分が…

虐待された子は寿命が20年短くなる

子ども時代に虐待などの逆境体験によってトラウマが生じると 健全なこころの神経の発達が損なわれ、 さまざまな影響により 寿命が20年短くなるという結果が出ています。 親の脳を癒やせば子どもの脳は変わる (NHK出版新書) 作者:明美, 友田 NHK出版 Amazon p…

3〜5歳の精神ストレスの恐ろしさ

子どもがマルトリートメント(虐待)などの 強いストレスにさらされると、 コルチゾールの濃度が高まり、 海馬の神経細胞が損傷を受けることになります。 特に3〜5歳の幼児期に 激しい精神的ストレスを受けると 海馬が萎縮し、その結果、 学習能力や記憶力の…

負の連鎖は、数世代にわたる

イライラして 我が子に感情を爆発させてしまったとき、 ふと頭によぎるのは、 我が子が親になったときの姿。 その姿は、今の自分と同じように 自分の子どもに大声で怒鳴り 怒り狂っている。 そして、 我が子だけでなく 孫も、そしてその子どもにも、 同じこ…

暴力は、言い訳の対象にはならない

最近の育児本は、 ママに優しい言葉掛けが多いですよね。 ママの心を肯定してくれる言葉が多く、 私も何度も救われたことがあります。 私のブログでも、 ママを救う言葉を多く使いますしね。 それを悪く言うつもりは、全くないけれど… でも、やっぱり 暴力な…

1歳でも、暴力はトラウマに

子どもの記憶って3歳くらいからだと何となく思ってました。だって、小さい頃旅行に連れていっても覚えてないとかよく言いますよね。 でも、某テレビ番組で1歳の時の両親の喧嘩シーンを覚えていて、それがトラウマとなってしまっているという方の話がありまし…

夫婦ケンカが子どもに与える影響とは?お父さんへの理想的な接し方って?

実は、ここ1ヶ月ほど、私はずーっと夫への不満が積もり、不機嫌に過ごしていました。でも、夫婦ケンカは見せていけないと知っていたので、必死に子どもには隠していましたが、隠しきれずもういかんと思い、ラインで思いの丈を全部、夫にぶちまけました。うん…

トラウマの多い子は将来、内科疾患が多くなる

家庭環境が、子どもの発達にプラスに影響するとすれば、その反対もあり得ます。今回は、こちらの本からちょっと怖い話をご紹介します。 私たちは子どもに何ができるのか ― 非認知能力を育み、格差に挑む 作者:ポール・タフ 発売日: 2017/09/06 メディア: Kin…

月2回の尻叩きで、子どもが攻撃的になる確率50%UP

暴力ってどれくらいの程度のことを言うのだろう?「これくらいならいいよね?」と、正直、私はずっと曖昧でした。今回は、その曖昧さをスッキリさせましょう! さくさく読む目次 しつけの一環でお尻は叩いていいの? お尻を叩かれた子どもは、問題行動を起こ…

本当に怖い「負の連鎖」

DVは連鎖するって、 聞いたことありますよね? その答えは 1/3の人は、DVをわが子にもしてしまう 1/3の人は、DVを引きずらない 1/3の人は、どちらにもなりうる だそうなんです。 by 子どもの脳を傷つける親たち NHK出版新書 作者:友田 明美 発売日:…

ストレスホルモン「コルチゾール」が子どもの脳の発育を妨げる

体への暴力だけでなく、言葉による暴力など、子どもにとって有害ということは以前ブログにも書きましたが、今回も同じく、やっぱり「暴力はいけないよ!」という内容です。今回参考にしたのはこちらの本。ニューヨークタイムズベストセラー、私も大好きな一…

親の愛情を得られない子どもは、身長が伸びない?!

子どもを愛していても、それが子どもにちゃんと伝わっていますか?怒りばかりぶつけてしまっていませんか?実は、愛情がちゃんと子どもに伝わっていないと、子どもが低身長になる可能性があるんです!今回は、子どもを取り巻くストレスと身長の関係について…

怒りをぶつけることが、子どもにどれほど有害なのか?

また怒ってしまった…。 そもそも怒ることが子どもにはよくないと 聞いたことはあるけれど、 「実際どんな風に良くないんだろう?」 と気になったことはありませんか? 今回、参考にした本はこちらです。 こちらから、怒りが子どもに及ぼす影響を さくっと読…