IRATORI

ママのためのイライラトリセツ

f:id:KOKOLOLO:20200712152140p:plain

子育て×アンガーマネジメント

ご飯のとき、怒りたくない!

ママが子どもにイライラしてしまう場面の一つ、「お食事タイム」。食べるのが遅い、好き嫌い言って食べない、汁物をこぼす…。お食事タイムには、子どもに怒ってしまいそうなことが満載!さらに、我が家は主人の帰りが遅く、私と子どもだけなので尚更です。そ…

愛情は、ザルの網目を抜けるように落ちていく

愛情って、かければかけるほど、どんどん貯まっていくものだと思っていませんか?今日は愛情をたっぷりかけたから、明日は手抜きができる…とか。愛情があるのは当たり前なんだから、わざわざ伝えなくても分かるでしょ!とか…。私は前まで本当にそう思ってい…

子育てはスポーツ

子育ては、スポーツに例えられることが、たびたびあります。今回はそんなスポーツまつわる話を2つ、さくっとご紹介。少しでも心が楽になりますように。 1・子育てはアマチュアスポーツ 世の中には、様々な資格があります。車を運転したければ、運転免許。保…

兄弟喧嘩、どうすればいいの?!

今日も朝早くから兄弟喧嘩を始める我が子たち。あーイライラ。実は、今日は私のイライラが募り、久々に大爆発してしまったのでした…(猛反省)。その話は置いておいて、さてさて、今回はママを悩ませる「兄弟喧嘩について」です。兄弟がいれば、毎日何回も喧…

イライラしたときに口ずさみたい名曲

怒りは「なんでこんなことでぐずるの?!」などと意味を考えると強くなります。一旦、思考回路を止めて、怒りの意味づけを考えることをストップさせるために、歌うことはかなり有効だと思います。今回は、子育て中に、まさにイライラし出したときに、声に出…

まず最初に確認してほしい「日常生活3つのポイント」

怒りをコントロールするのは、努力なしでは不可能だと考えています。私のブログをみていただく際に、まず日常生活の3つのポイントを確認したいと思います。 ①怒りと上手に付き合って生活する 生きている限り、怒りは完全に消すことはできません。生きていれ…

イライラを抑える、あなただけの“おまじない“を決めよう

あなたに合った、とっさのイライラを抑えるおまじないを見つけませんか?いざというときの、おまじないを決めておくだけで、あなたはアンガーマネジメント上級者です。今回は育児本から9つの方法を取り上げます。ぜひご参考ください^^ さくさく読む目次 ①6…

愚痴を言うと余計にイライラする

愚痴を言うと、気分スッキリは幻想?! 愚痴を言うと、余計にイライラする 「愚痴を言うと、余計イライラする」らしいのです! なぜなら、愚痴を繰り返し言うことは、わざわざ自分の記憶に愚痴を定着させる作業をしているということだから。ポイント4つにま…

寝る前のロールプレイングで明日が変わる

気を抜くと、すぐに元のイライラママに戻ってしまう…。怒ったことを何度も後悔してるのに、また同じように怒ってしまう…。そんなママにオススメしたいのが、「寝る前のロールプレイング」。これはかなり効果があります。ぜひ今日から始めませんか? さくさく…

「事実という壁」と「ママという壁」を一緒にしない。

我が家には15時を過ぎたらおやつを食べないというルールがあります。17時過ぎの晩ご飯に影響がでてしまうからです。お昼寝をすると15時を大抵すぎるので、子どもたちは午後のおやつはほとんどありつけません。でも、15時を少し過ぎたときに起きてお菓子を食…

怒っているときの子どもを救う一言

ママと子どもに平和な日々をお届けしたいココロです。明らかにイライラしてて、子どもがママの顔色をうかがっているときに、子どもに言ってあげたい言葉をご紹介します! 他記事で私のDVの経験やイライラトリセツについて掲載しています。あわせてチェックし…

連休明け初日は、イライラしやすい!?

ワンオペの時と、夫がいる時とでは 家の中の空気感やリズムが変わりませんか? 連休明けは、その変化もあって 噴火しやすい日なので、 とってーも注意が必要なんです!! 今回は、私のお話を交えて 連休明けのイライラ対処法をさくっとご紹介します。 さくさ…

子どもの頃の自分に思いをを馳せてみる

子どもの寝顔を見ながら、こんなママでごめんね。 と思ったことはありませんか? なのに、また同じことをしてしまいませんか? 私は何度もあります。 でも、実は 親であるあなた自身が 親に傷つけられてきたのかもしれません。 つまり、 負の連鎖を受け継い…

怒りの記録のススメ。あなただけのイライラトリセツに。

子どもの寝顔を見ながら、こんなママでごめんね。 と思ったことありませんか? なのに、また同じことをしてしまいませんか? 私は何度もあります。 大切な、大好きな子どものはずなのに、 その子どもを一番傷つけているのは私ではないか? 分かっていても、 …