IRATORI

ママのためのイライラトリセツ

f:id:KOKOLOLO:20200712152140p:plain

子育て×アンガーマネジメント

「使ったものを元の場所に戻す」でゆとりが生まれる

使ったものを元に戻す、というのは 片付け術としてはよく知られていますが、 そのような実用的な効果にとどまらず、 「自分は物のケアをきちんとできている」 「自分は身の回りに秩序を作ることができている」 というゆとりをもたらします。 ポイントはあく…

イライラしたくないなら、口角を上げよう

笑いはイライラを吹き飛ばす、良い方法! 笑いながらイライラすることは不可能で 人は笑っている限り、 イライラすることができないもの。 笑いは、心身に直接の効果を与えます。 笑うことによって、全身がリラックス。 イライラしているとき 筋肉が強ばり、…

イライラの最高レベルから抜け出す方法

それなりに負荷が高いもの(ランニングなど) がオススメ。 もしくはそれなりに集中力を必要とするもの (ヨガなど)がオススメ。 イライラしている時こそ ゆったりしたリラックス系と思いがちだけど、 頭の中でいろいろと考える余地を 作ってしまいイライラ…

「なんで?!」と言うほど、自分の裁量が減っていく

さっき 息子の石頭が私の目の下に降ってきて 激痛で久々に泣きました。 兄弟でのじゃれあいに 巻き込まれました(涙) なんでなの?! 謝りもせず、 兄弟で責任をなすりつけあっていることにも なんで謝らないの?! (謝らせて)なんであんたが泣くの?! …

弱い怒りは手放せても、それ以上は難しい理由

その理由は 「イライラを手放すと損をする」 という感覚そのものに 正面から取り組んでいないから。 ?? 「イライラを手放すと損をする」とは? 私たちは イライラすることによる『損』を知っている一方で イライラを手放すことにも『損』を感じてしまう。 …

お片付けは大人が9割やる

お片付けは大人が9割やって 最後のひとつでも手伝ってくれたら 「ありがとう、きれいになったね」。 それで小さい頃は、OKだと思うのです。 ママが怒らずに済むには? 「片付けようね〜」と言うからには 9割手伝う覚悟を持つ! 手伝えない状況なら「片付けて…

森はイライラを軽減してくれる

森の音は、 科学的に人間を癒してくれる効果があった! 世界一の教育先進国フィンランドの親が 実践しているイライラしない秘訣?! 可聴音(人間の耳に聞こえる音)を耳で聴きながら、同時に耳で聞こえないような超高周波の音を身体で感じることによって、…

できていることに目を向ける

子どもが片付けない… ご飯を食べるのが遅い… など悪いところばかり見ていませんか? 今回はこちらの本から そんな話をサクッとご紹介。 幸せ親子になれる 0歳からのアドラー流怒らない子育て 作者:三宅美絵子,岩井俊憲 秀和システム Amazon さくさく読む目次…

厳しく叱ることを恐れない

怒らないことに意識を向けていると、 子どもが機嫌が悪くなることが怖くなりませんか? 子どもがぐずれば こちらに皺寄せがきて ついドカーンと怒り散らしてしまうかもしれない。 私はちょっと怖いです。 暖簾に腕押しとはいうものの いつもそんな風にできる…

イライラママへの特効薬はスキンシップ!

子育てって、 うまくいくときとうまくいかないときの波があります。 いい時が続いていたと思ったら、 突然何か歯車が狂い出す。 その原因と対処法をメモしていたとき… 気づいた!!!! 最終的に「スキンシップ」が 原因と対処法の中心にあることを!! スキ…

ママの感情は“平ら“を目指せ!

こんにちは! イライラ取扱説明書「IRATORI」を ぼちぼちアップしてるココロです。 今日は、ママの気持ちを できるだけ平ら〜にするといいですよ というお話です。 もちろん、 ママの気持ちは、ツーっと平らに近い方がいい!! 浮き沈みが激しくなく、喜怒哀…

口に出そう「失敗は成功の元」という言葉

こんにちは! 怒りの対処法を紹介しているココロです。 今日は子どもが失敗をしてしまったときの ママの声掛けについてです。 「失敗は成功の元」とはいうけれど、 やれ子どもがお茶をこぼした… トイレに失敗した… ものを壊してしまった… など失敗が目につく…

子どもは螺旋状に成長する

こんにちは!ココロです。 トイレができるようになったはずなのに、突然また失敗を繰り返す…。 一人で服が投げるようになったと思ったのに、またできなくなったり…。 そんな経験ありませんか? そんなとき「今までできたのに、なんでできないわけ?!」と怒…

良いところに目を向ける

毎日、子どもと一緒にいると、つい 悪いところばかりに目がいってしまいがち ではありませんか? そして、イライラして 子どもに嫌味を言ってしまったり 育て方がいけなかったのかと気分が落ちたり…。 でも、良いところ たくさんあるはずなんです。 そんなと…

本当に聞こえていない

母 「これしまってくれる?」 子 「・・・」 母 「おーい、これしまってくれる?」 子 「・・・」 母 「しまって!」←だんだん声が大きく 子 「・・・」 母 「こら!しまわんかーい!」←イライラ 子 「ん?」キョトン こんな状況よくありませんか? でも… 実…

親は一方的に「忍耐」が必要!

本屋でふと手に取った冊子にあったこの言葉。 『親は一方的に「忍耐」が必要!』 なんだか、妙〜に心に響きました。 うんうん、ほんとそうですよね。 子どもって話しても分からないことがあるし、一見、理解不能な要求や行動をしてくることも多々あります。…

食事中のイライラは、食べる前の準備とルールで半減できる!

ママが子どもにイライラしてしまう場面の一つ、「お食事タイム」。食べるのが遅い、好き嫌い言って食べない、汁物をこぼす…。お食事タイムには、子どもに怒ってしまいそうなことが満載!さらに、我が家は主人の帰りが遅く、私と子どもだけなので尚更です。そ…

子育てはスポーツ

子育ては、スポーツに例えられることが、たびたびあります。今回はそんなスポーツまつわる話を2つ、さくっとご紹介。少しでも心が楽になりますように。 1・子育てはアマチュアスポーツ 世の中には、様々な資格があります。車を運転したければ、運転免許。保…

兄弟喧嘩は、放っておいてOK

今回はママを悩ませる「兄弟喧嘩について」です。兄弟がいれば、毎日何回も喧嘩しますが、ママはクタクタですよね…。でも、兄弟喧嘩って、ほんとにひどいものでない限り放っておいてOK。むしろ放ってほいたほうが子どものためにも良いんです。今回は兄弟喧嘩…

イライラしたときに口ずさみたい名曲

怒りは「なんでこんなことでぐずるの?!」などと意味を考えると強くなります。一旦、思考回路を止めて、怒りの意味づけを考えることをストップさせるために、歌うことはかなり有効だと思います。今回は、子育て中に、まさにイライラし出したときに、声に出…

まず最初に確認してほしい「日常生活3つのポイント」

怒りをコントロールするのは、努力なしでは不可能だと考えています。私のブログをみていただく際に、まず日常生活の3つのポイントを確認したいと思います。 ①怒りと上手に付き合って生活する 生きている限り、怒りは完全に消すことはできません。生きていれ…

イライラを抑える、あなただけの“おまじない“を決めよう

あなたに合った、とっさのイライラを抑えるおまじないを見つけませんか?いざというときの、おまじないを決めておくだけで、あなたはアンガーマネジメント上級者です。今回は育児本から9つの方法を取り上げます。ぜひご参考ください^^ さくさく読む目次 ①6…

愚痴を言うと余計にイライラする

愚痴を言うと、気分スッキリは幻想?! 愚痴を言うと、余計にイライラする 「愚痴を言うと、余計イライラする」らしいのです! なぜなら、愚痴を繰り返し言うことは、わざわざ自分の記憶に愚痴を定着させる作業をしているということだから。ポイント4つにま…

寝る前のロールプレイングで明日が変わる

気を抜くと、すぐに元のイライラママに戻ってしまう…。怒ったことを何度も後悔してるのに、また同じように怒ってしまう…。そんなママにオススメしたいのが、「寝る前のロールプレイング」。これはかなり効果があります。ぜひ今日から始めませんか? さくさく…

「事実という壁」と「ママという壁」を一緒にしない。

我が家には15時を過ぎたらおやつを食べないというルールがあります。17時過ぎの晩ご飯に影響がでてしまうからです。お昼寝をすると15時を大抵すぎるので、子どもたちは午後のおやつはほとんどありつけません。でも、15時を少し過ぎたときに起きてお菓子を食…

怒っているときの子どもを救う一言

ママと子どもに平和な日々をお届けしたいココロです。明らかにイライラしてて、子どもがママの顔色をうかがっているときに、子どもに言ってあげたい言葉をご紹介します! 他記事で私のDVの経験やイライラトリセツについて掲載しています。あわせてチェックし…

連休明け初日は、イライラしやすい!?

ワンオペの時と、夫がいる時とでは 家の中の空気感やリズムが変わりませんか? 連休明けは、その変化もあって 噴火しやすい日なので、 とってーも注意が必要なんです!! 今回は、私のお話を交えて 連休明けのイライラ対処法をさくっとご紹介します。 さくさ…

子どもの頃の自分に思いをを馳せてみる

子どもの寝顔を見ながら、こんなママでごめんね。 と思ったことはありませんか? なのに、また同じことをしてしまいませんか? 私は何度もあります。 でも、実は 親であるあなた自身が 親に傷つけられてきたのかもしれません。 つまり、 負の連鎖を受け継い…

怒りの記録のススメ。あなただけのイライラトリセツに。

子どもの寝顔を見ながら、こんなママでごめんね。 と思ったことありませんか? なのに、また同じことをしてしまいませんか? 私は何度もあります。 大切な、大好きな子どものはずなのに、 その子どもを一番傷つけているのは私ではないか? 分かっていても、 …