IRATORI

ママのためのイライラトリセツ

f:id:KOKOLOLO:20200712152140p:plain

子育て×心と頭と体を育てる・トリビア

赤ちゃんの未来をよりよくする育て方

手先を使わせよう 手と指を使えば使うほど脳の広範囲な神経細胞を活性化することができます p108 1万時間でエキスパートになる アメリカのジャーナリスト、マルコム・グラッドウェル氏は著作の中で、どんな分野でも1万時間ほど没頭すればエキスパートになれ…

ドーパミンって?

ドーパミンは脳内で働く神経伝達物質の一つ。ドーパミンが出ると、脳は幸福感を感じ、同じような行動を繰り返す意欲が出ます。その結果、赤ちゃんは、再度、同じ経験をして学習していきます。 つまり、ドーパミンが出ると、快感を得た行動や知見に対応するシ…

良い姿勢で、前向きで意欲の高い子に育つ

ハーバード大学の社会心理学、エイミー・カディ教授は、ボディランゲージが、思想や感情に影響を与えることについて分析しています。胸を張り、両手を腰にあて、両足を肩より大きく開き大地を踏みしめるポーズで立っているだけで、積極的になり、自信が湧い…

育児の掟に苦しむな

育児本 おばあちゃんや母からのアドバイス ママ友の詮索 子育て支援の方の言葉 あれやこれや言われ 自分の考えと違って戸惑う… これはひとつの模範であるけれど 絶対ではありません。 母親には選択の余地がある。 自分にできること したくないことを見極めて…

英語教育はどちらでもいい

外国語の早期教育を受けた子は そうでない子に比べて 理系の成績が良くない傾向がある 日本語は科学技術に強い脳を作る構造をもつ言語。だから、外国語教育はしない。それも一つの選択。脳というのは、ゼロリスクはありえない、何を選べば、何を捨てることに…

思いやりってどうやって育てるの?

「意地悪だね」 「○○してあげないからあの子悲しんでるよ」 「なんでできないの?」 できないことを責めても無意味。 「優しくするrというのはどういうことか」 がわからないので、大人が手本を見せなくてはいけません。 「人の気持ちを想像させること」が思…

打たれ強い子にしたいなら、安心できる家にしよう!

獅子は我が子を谷に突き落とす!?とはいうものの、怒鳴られたり傷つけられることに慣れてしまうと、打たれ強い子ではなく、人の痛みに共感できない子になります。打たれれば強くなるわけではありません。適切に人を頼り、自分を守れることが強さです。その…

「怒る」と「叱る」の違い

「怒る」は感情的に言葉をぶつけること 「叱る」は論理的に言葉を伝えること 子どもの成長や発達を考慮し 理解できるように伝えてあげる それが「叱る」です。 ポイントは、 端的に、 簡単な言葉で、 目線の高さを揃えて、 目をみて真剣に 伝えることです。 …

愛情は水分やミネラルのように必要で、空気ほどはいらない byマズロー

子供が2歳になった頃が一番大変な時期?! 魔の2歳児ともいわれるこの時期は 子供が自分のやりたいことがあるけれども なかなか伝えられずにイライラしがちです。 そんな子供につられてママも一緒にイラついてしまいます。 重なるように仕事の復帰やゴタゴタ…

過度な除菌は逆に良くない

除菌をすると菌を原因とする病気を防ぐ効果は高くなるようです。 しかし、清潔な環境も行きすぎると アレルギーの発症リスクが高まると言われています。 イギリスの花粉症の調査で、 年長の子どもの数が多いほど、 花粉症の発症割合が減ることが確かめられて…

「あなたの体は9割が細菌」を読んで

遺伝子の数で比べれば、 あなたの人の部分は0.5%でしかない。 人体は微生物生態系に満ちている。 表面積を合計すると二平方メートルほどに なる皮膚には、アメリカの全地表と匹敵するほど 多様な生態系が極小サイズで展開している。 現代病は微生物が関係し…

なぜ解熱剤が危ないのか

中毒性表皮壊死症のような薬の副作用のほか、肝心な感染症が長引き、重症化する可能性が高いからです。免疫システムがウィルスを駆逐するには、体温が高い状態が最適です。熱があると免疫システムの働きが円滑になり、ウィルスの勢いが衰えます。そのため免…

自己肯定感低下のサイン

自己肯定感の定義は様々ですが、この感情を支えているのは自分はできるという「根拠のない自信」。自分はできると信じている人は逆境や困難に直面してもチャレンジを繰り返し、成功体験を積み重ね、「根拠のない自信」を根拠のある自信に変えていくパワーも…

褒める:しかる=7:3

「褒める」と「叱る」の割合は、7対3が基準。 親が褒めてあげると、子供は心から幸せそうな顔をします。褒め言葉にはオキシトシンを分泌させる効果があるのです。一般に、「褒める」「叱る」は7対3がバランス良いと言われます。ところが実際には、7対3で「叱…

寝る前の自己肯定感アップタイム

子供が幼い頃ほど効果があります。子供を寝かしつけるとき、子供が眠りかけている時などに次のようなプラスの暗示をかけるのです。 「ママもパパも〇〇ちゃんが大好きだよ」 「ママはいつも〇〇ちゃんのそばにいて見守っているよ」 「〇〇ちゃんはとても素敵…

うまくいかない時は10秒抱きしめてあげよう

子供が赤ちゃん返りをしたら ぐずったり、甘えたり、指をしゃぶったり、母親にまとわりついたり、反抗的になったり、おねしょをしたり、それは子供が不安な気持ちを親に伝えるサインです。 抱きしめは短すぎると効果がありません。子供が少々苦しいあるくら…

オキシトシンが分泌されやすい体で自己肯定感UP

乳児期にたっぷり愛情を受けて、オキシトシンが分泌しやすい体質になると、子供は何歳になってもオキシトシンが分泌しやすい体質をキープすることができます。これが将来の子供の自己肯定感を左右するわけです。 2歳まではとにかく肌の触れ合いを増やすこと…

「らしさ」にとらわれすぎると、ありのままを失う

引き続き仏教の教えより 〇〇らしさと言う言葉は日常でもよく使います。 自分らしさ、男らしさ、女らしさ、父親らしさ 母親らしさ、大人らしさ、子供らしさ 挙げればキリがありません。 自然にとった行動が〇〇らしいと言われ 賞賛される事は素晴らしいこと…

他人と比較しないことを極める

引き続き仏教の教えから学んでみます(笑) 隣人と自分を比較しないようにすることは、はじめのうちはとても難しいかもしれません。しかし意識して自分自身だけを見つめる事を続けてみてください。そんな日々を少しずつ少しずつ積み重ねていくうちに、頭の中…

いま、この一瞬を生きよう

私はこのマスク社会を終わらせたいと思ってます。でも私1人が頑張ったところで変えられるものではないとわかってます。どんなに頑張っても、変わらないこの現実に心が折れそうになるときもあります。 イライラしてしまう子育てにも…。 忙しい毎日で、過去や…

目の前に集中する

目の前のことに集中するように努めることが大切。 何か特別なことをするのではなく 一定の行為で構いません。 毎日やらなければならない一つ一つのことを しっかりと見つめ、それを一つ一つ丁寧に こなしていくのです。 行動したと言うことが大切なのです。 …

将来の骨密度対策には子どものころからの運動

子ども時に運動習慣があった人は そうでなかった人と比べると 大人になっても運動をする率が8倍。 骨密度を高めて健康長寿に生きる! 骨密度を生涯にわたって決定する要因となるのは 「子どもの頃にどれくらい走って飛び回ったか」。 後から改善しようと思っ…

「幼いうちから保育園」は罪悪感を感じる必要なし

幼いうちから保育園などに預けることに対し親子の関係が薄まるのでは?愛着がうまく形成されないのでは?と危惧する必要はありません。仕事でもボランティアでも、親自身も社会と関わって生活しその間子供は信頼できる人に託す。そして、子供と再会したとき…

自分の体は、未来への橋渡し

1945年、米の フランシス・ポテンジャーによる実験では 本来の食性から離れたネコは第三代で滅んだ… ポテンジャーのネコの実験 本来、生ものを食べる習性のネコを 二つのグループに分けて 10年間で600匹を対象に観察した実験。 グループ①のえさ 2/3 生肉+1/…

大きなうんちは健康の証!

久しぶりの投稿ですが・・・ こんな話題ですみませんw 実は、年中の息子のうんちが 本当にでかい! 大人みたい、 いやむしろ大人以上? 実は 大きなウンチは健康の証なんだって! ウンチの中の食べ物のカスはたった5% うんちの中身は ほとんどが食べた物の…

子どもの「ギャー」は、無いより、あった方がいい

子どもが「ギャー」と泣き叫んで 制御不能になったとき、むしろ安心できる?! 基本的な脳のネットワークの構造は、そのネットワークを「促進するネットワーク」と「抑制するネットワーク」から成り立っており、お互いに制御するようにできています。 しかし…

きたない子育てはいいことだらけ!

こんにちは! 生後7ヶ月の赤ちゃんを連れて 毎日幼稚園のお迎えに行くのですが、 その時にたくさんの子供たちが 「可愛い〜」と赤ちゃんを取り囲んでくれます。 コロナがかなり流行していた時は 内心、顔や手は触らないでほしいな〜 と思いながらも 好奇心い…

おねしょの名人

おねしょをしてしまった我が子に対してどんな声かけをしていますか? うちの娘は、5歳5ヶ月ですが、一向に夜のオムツが取れません。 3歳過ぎの息子はすでにパンツで寝れるのに娘はほとんど毎日・・・。わざとじゃないと分かってても、つい「早くとれるといい…

愛情は、ザルの網目を抜けるように落ちていく

愛情って、かければかけるほど、どんどん貯まっていくものだと思っていませんか?今日は愛情をたっぷりかけたから、明日は手抜きができる…とか。愛情があるのは当たり前なんだから、わざわざ伝えなくても分かるでしょ!とか…。私は前まで本当にそう思ってい…

砂遊び・水遊びで、子どもの心は浄化する

子どもって砂遊びや水遊び、大好きですよね〜親からすれば、砂で服は汚れるし、水道水で遊ばれると水がもったいないし…と思うところですが、そこは目をつむり、出来る限り遊ばせた方がいいのです!今回はそんな話をさくっとご紹介。 水遊び、砂・泥遊びは子…