IRATORI

ママのためのイライラトリセツ

f:id:KOKOLOLO:20200712152140p:plain

「もう絶対怒らない!」私を決意させたきっかけ。

イライラトリセツを作ったり、

このブログを始めたりと、

そのすべてのきっかけとなった

大噴火の日のことをお話しします。

 

「もう怒りたくない」と思っているママがいれば

私と一緒にこれからを歩んでいきませんか?

 

🔹さくさく読む目次🔹

 

👉🏻他記事で

私のDVの経験や

イライラトリセツについて掲載しています。あわせてチェックしてみてくださいね。https://iratori.hatenablog.com

 

歯医者帰りの大事件

 

育児はイライラの連続。

はい、私がコップをシンクに投げ割ったのは、

つい1か月くらい前のこと。

 

場面は、歯医者さんの帰り道。

この日の私は本当に何かおかしかった。

 

予想以上に時間がかかり、

時計はもう14時。

急いでお昼寝をさせるべく

(2歳息子に加え4歳娘もまだお昼寝する)

車でそのまま寝かせようと思い

4歳になった娘に

「ねんねドライブするね~」と

家と反対方向にハンドルを切った。

 

ちなみに、歩いても行けるくらい家から近いので、

いつもは帰りにねんねドライブすることなんてない。

むしろ、だいたい歩いてくるけど、

この日は娘が「車で行きたい!」

というので、ちょうど車で来ていた。

 

すると、娘は

「イヤ~!」と泣き叫ぶ泣き叫ぶ

イライラし始める

 

しまいには、「おしっこ、もれる~!」

(さっき、行ったじゃーん!さらにイライラ。)

 

その前の夜、夫へイラッとすることがあり、

もともとかなり不機嫌だった。

 

 

「わかったわ!戻るわ!」と

強い口調でいい放ち、

それでも泣き叫ぶ娘に、

「うるさい!」とキレる

 

娘の気持ちなんて考えられなくなっていた。

たぶん、ここから脳は怒りに支配されてしまった

 

 

帰宅後、要求をのんでもらって

娘はおとなしくなっていたにも関わらず、

私は自分ではもう怒りを抑えられなくなっていた

 

イラ犬を壁に投げてもスッキリせず、

(イラ犬とは、私の投げる専用の

100均で買ったぷにょぷにゅのおもちゃ)

 

娘の見ているところで、

青いガラスのコップを

シンクに思いきり投げてしまった。

 

見ているところで割ったのは、

人生初めてのこと。。。

泣き叫ぶ娘。

きょとんとする2歳の息子。

床にまで散らばった破片。

少しへこんだシンク。

 

はい、もうお分かりになると思いますが

後悔 と 自己嫌悪。

あふれる涙。

この瞬間、われに返るんです。

誰も助けてくれない。

このまま、わたしも

おっさん(義父)みたいになっちゃうの…?

それだけは絶対いやなのに…。

 

破片は細かく、遠くまで飛び散り、

その晩は、泣きながら破片を探した。

もうその破片を見ていると、

自分に刺したい衝動にかられるほど

 

落ち着いて考えると、本当に大したことじゃない。

子どもがいればよくあること。

そんなことわかってるのに。

 

この日、私が2人の子どもへ

与えた影響は計り知れない。

 

くだけた破片をみて、この罪悪感は忘れないように

いつも見える場所に破片を置いておきまっした。

 

娘は「それなーに?」と

かわいくシールを貼ってくれました…。

「これはあの日割ったコップの破片何だよ〜」

心の中で言いました(笑)

 

f:id:KOKOLOLO:20200426195808j:image

 

 

「もう怒らないママになる」という強い決意

 

この日を境に、

もう絶対お皿割らないと決意。

 

そして、この日の

爆発の原因はこの4点だって、分かってます。

 

1.    嫌なことがあって、

       もともとかなり機嫌が悪かった

  (これが最大の原因!)

2.    時間的に押されていて、焦っていた

3. そんな中で予想していないことが起こった

4. イライラし始めたときに、

       何も対処ができなかった

 

事前に対処しておけば何とかなるかもしれなかった。

 

今までも知識だけはついてきていて

昔よりは自分のことはコントロールできるようになってきたつもり。

でもでも、たまに嫌なことがあったり

余裕がなくなったりすると、

元に戻ってしまう…。

 

暴力とまではいかなくとも、

冷たい言葉や視線を浴びせない、

且つ怒るのではなく時に厳しい

穏やかな暖かいお母さんでいたいんだ。

 

とりあえず、そのために、

今まで読んだ本やら経験で

自分の頭にたまっている情報をまとめて、

自分のためのイライラトリセツとして

小さな冊子にしました。

 

f:id:KOKOLOLO:20200510140825j:image

 

子どもを守りたい。

大好きな、大切な、

子どもたちをこれ以上傷つけたくない。

 

その一心でやってきたこと、

これからやっていくこと、

私のイライラへの対処法を

ここでアウトプットさせてください。

 

そして、DVの連鎖で不安を抱えるママ、

イライラで悩んでいるママのために、

情報を共有できれば幸いです。

 

「もう絶対怒らない!」

そう決意させたきっかけを

お話しさせていただきました。

 

👉🏻他記事で

私のDVの経験や

イライラトリセツについて掲載しています。

あわせてチェックしてみてくださいね。https://iratori.hatenablog.com

 

以上、ココロでした!