IRATORI

ママのためのイライラトリセツ

f:id:KOKOLOLO:20200712152140p:plain

子どもへのイライラ大噴火を避けるために、まずやっておきたい3つの心構えとは?!

子どもの寝顔を見ながら、こんなママでごめんね。

と思ったことはありませんか?

なのに、また同じことをしてしまいませんか?

 

私は何度もあります。

 

でも、もう怒らないために、子どもを守ために

私と一緒にできることを始めませんか?

 

今日は

日々の中でまず一番にしておくべき

3つの心構えをご紹介します!

 

🔹さくさく読む目次

 

👉🏻他記事で

私のDVの経験や

イライラトリセツについて掲載しています。

あわせてチェックしてみてくださいね。

IRATORI

 

f:id:KOKOLOLO:20200511000015j:image

 

まずやるべきこと、それは普段からの心の準備

 

普段の心構えがあって、

その延長線上に大噴火があります。

だから、普段の心構えは

ものすご〜〜く大切になってきます。

順調な日が続くと気が緩んだり、

嫌なことがあると

自分をコントロールする力が弱まったりするので、

普段の心の準備は、継続的に行い、

絶対に怠ってはいけません。

 

そして、

我慢しようとすると、爆発はさらに大きくなり

またやったしまった…と

自己肯定感はどん底になります。

 

だから、絶対我慢しようと

思わないことが大切なんです。

 

そんなことできるの?!

 

はい!できます!

普段から心の準備をして、

大噴火への対処法を知っていれば

我慢してストレスを溜めることはないんです!

 

DVの経験がある人や、

イライラパワーがもともと強い人にとって

自分から湧き上がる怒りと闘うのは、

ものすごく大変なことですよね。

これは生半可な覚悟ではできないと思っています。

 

だから、覚悟をしましょう!

自分は変われるんだ!

その努力は惜しまないぞ!と。

 

そもそも怒りのパワーが強いって

悪いことじゃないんですって。

生命力が強く、怒りが生きる力になったり

プラスのこともあるんです。

 

だから、今こそ、

そのパワーをやる気パワーに変えてください!

 

それでは、いきます。

 

毎日、チェックしたい3つのこと

 

育児って大切なことがたっくさんあって、

消化しきれなくなることありませんか?

私は、その一人なんです。

 

大切なこと、いい言葉などを

今までノートに書きだめてきたんですが

いっぱいありすぎて、すべて薄くなっちゃう気がして…。

 

あれも、これも、となって混乱しないように

私なりに3つだけに厳選しました。

 

それがこの3つ。

この3つを自分に毎日問いかけるんです。

毎日でなくとも、数日に1回でも。

 

1.  最近、少しキツくなっていませんか?

2.    “待つ“を心がけていますか?

3.    オキシトシン出していますか?

 

一つ一つ説明しますね。

 

チェック1   最近、少しキツくなっていませんか? 

 

とげとげしい物言いが

当たり前のようになっていませんか?

 

こんな言葉、思い当たりませんか?

 

「あんたねー!」

「クズだ」「バカだ」

「ダメな子だねえ」「すぐ泣くのやめて!」

「そんなのも分からないの?」

「邪魔!あっちいって!」

 

意外と冷たいキツい言葉って

出てきてしまうものです。

育児は本当に大変ですから、

こういう言葉も出てしまう気持ちも

よ〜くわかります😓

 

でも、それが、大噴火へと繋がってしまいます。

柔らかい子どもの心にとっても、

小さなキツい言葉でも、

確実に傷が積み重なっていきます。

 

子どもにキツく当たることが

普通になってしまっているママ友と会うと

これくらいいっかと思いがちですが、

人のレベルに合わせず、

流されないように注意が必要です。

 

そして、

毎日の生活の中で習慣化してしまうと、

本人はなかなか気づかないもの。←ここ大事です!

 

「最近ちょっとキツくなってるかも…」と思ったら

軌道修正する

ということを継続的にやっていきましょう。

 

チェック2  “待つ“を心がけていますか?

 

時間に追われた毎日の生活をしていると

子どものゆっくりとした動作や行動に

イライラしてくることありませんか?

 

私は、よくあります。

「何、ぐずぐずしてんの?!」

「さっさとして」「待ってるんだけど!」

と言ってしまうこともしばしば…。

 

それが習慣になってしまうと、

時間に余裕がある時でさえ、

子どもを急かしてしまいます。

 

今日も、お散歩に行くときに

息子がなかなか靴を履きません。

「早くして!玄関空いてるから虫も入る!」と

イライラしてきました。

でも、そこで待つ…を思い出して

玄関の戸を閉めて、子ども目線に座って

待ってるよと優しく声かけると

すんなり完了。

 

子どもの世界って、

ものすごーくゆっくりなんです。

それに、発達途中の子どもの脳って、

急げないそうなんです。

 

何をするにも、

大人は【待つ】姿勢を忘れてはいけません。

たかが、待つ。されど、待つです。

 

待つ…この心がけだけで

子どもへのイライラはかなりなくなります。

むしろ、

子どものゆっくりしたペースが愛おしくなって

不器用ながらに一生懸命やっている姿を

「頑張れー!」と応援したくなりますよ。

 

時間的に切羽詰まった朝でも、

待つということを少し入れると、

子どもの心を認めてあげたからでしょうか、

結果的にスムーズになって、

早く出発できるようになります。

 

心に余裕がない時は厳しいかもしれない、

いつもできないかもしれない、

待ってもやってくれない時もある、

でも、この【待つ】は

お母さんにも、子どもにとっても、

幸せをもたらしてくれるものなんです❤︎

 

チェック3  オキシトシン出してますか?

 

何やら聞き慣れない言葉!の方もいるかと思いますが、

簡単にいうと、愛情ホルモンです!!

私は胸キュンホルモンと呼んでいます!

 

ちょっと詳しく説明すると、

 

オキシトシンは、脳の下垂体後葉から分泌されます。

女性の出産・育児に大きく関わるホルモンで

分娩児に子宮収縮を促進させ、

出産後は乳腺の筋繊維を収縮させて

乳汁分泌を促すなどの働きを

することが知られています。

しかし、オキシトシンの効果は

出産・育児に限らず

男女問わず誰もがこのホルモンの恩恵を受けることができます。

スキンシップはもちろんのこと、

親しい人たちと楽しく語り合ったり、

愛情を伝え合ったりすると、

双方のオキシトシンが上ることが

報告されています。

オキシトシン扁桃体の過剰な興奮を抑える働きがあるため、

闘争心や恐怖心を抑え、穏やかで愛情に満ちた気持ちにさせてくれます。

 

友田明美『子どもの脳を傷つける親たち』2017年 NHK出版

 

ちなみに、Hしている時はとってもオキシトシンが出るらしいです…😳

Hしながらいきなり激怒するのは、できないですよね?

 

極端にいうとそういうことで、

オキシトシンを出して、

扁桃体が着火してしまうのを抑えてもらおう!!

ということが言いたいんです。

 

扁桃体とは?

危険などを察知すると過剰に反応する脳のある部分です。

扁桃体が過剰反応すると、理性を保つ内側前頭前野が働かなくなり

暴力的行為なども自分で止められなくなることも。

 

オキシトシンを出すために、

日頃からスキンシップです!!

 

私は、子どもに、

チューしたり、

頬擦りしたり、

ムギュッと抱きしめたりすると

胸キュン=オキシトシン

よく放出される感じがします。

 

それだけでなく、

じーっと子どもを見つめたり、

話をうなづきながら聞いてあげたり

可愛いな〜と思える部分をじっと見つめていると

これもまた、オキシトシン出ます!

 

だから、イライラしてきたな〜と思ったら

子どもに敢えて近寄って、

頭の匂いを嗅いだりしてます(笑)

こうやってオキシトシンに助けてもらったこと何度もあります。

 

はたまた、子どもでなくとも

ご主人に抱きしめてもらったりすることも

効果的だと思いますよ!

 

私なんかは、

娘や息子のことを

オキシトシンちゃ〜ん❤︎」といって

すり寄っていくことがあるので

子どもたちもすっかりオキシトシンという言葉を

覚えてしまいました…(汗)

意味はわかってないと思いますが!

 

 

補足・大噴火って何?
 

そもそも、私のいう大噴火とはコレです。

 

✔ものを壁に投げる

✔壁をドンと叩く

✔大声で怒鳴る

✔扉を思い切り閉める、もしくは開ける

✔お皿を割る

✔もちろん叩く蹴るは、言語道断!

 

だって、これをしてしまったら

日頃からからどんなにいい接し方をしていても、

よく言われる自己肯定感を上げることをしていても、

すべて帳消しになります。いや、むしろマイナス。

 

毎日積み重ねてきた愛着形成も、努力も

一瞬にして逃げていきます。

 

そして、子どもの心には確実に傷がついて

後からどんなに優しくして、傷が癒えたとしても、

やってしまった事実は一生消えません。

 

大噴火は親側の問題であり、

子供には一切関係ないんです。

親の都合で子どもを巻き込みたくない。

 

親だって人間だから落ち込んだり、

怒ったりするって

伝えることはいいことだけど、

大噴火なんて子どもに見せる必要ない。

 

大噴火するくらいなら、プチ爆発の方が

子どもにとってはよっぽどマシなんです。

 

だから、大噴火だけは絶対しない。

それが私の最大のテーマです。

 

 

 

しかし、

そこまで行かないことがまずものすごく大事!

ということで、怒りやすい私がやっている

【大噴火を避ける前にやっておきたい3つのこと】

をご紹介いたしました。

 

あなたのイライラをなくすヒントになりますように。

 

👉🏻他記事で

私のDVの経験や

イライラトリセツについて掲載しています。

あわせてチェックしてみてくださいね。https://iratori.hatenablog.com

 

 

以上、ココロでした!