IRATORI

ママのためのイライラトリセツ

f:id:KOKOLOLO:20200712152140p:plain

コップを投げた日から50日目。子育てイライラに油断は禁物!

2020年5月19日。

コップを投げた日から50日目、ココロです。

今日の自己採点結果は🔺。

 

幾度も迫りくる危機を何とかかわし、

大噴火を免れました😤

 

今日は4回、イラっとすることがありました。

今回は、そんな私のお話を聞いてください。

 

f:id:KOKOLOLO:20200519233738j:image

 

 

🔹さくさく読む目次

 

👉🏻他記事で

私のDVの経験や

イライラトリセツについて掲載しています。

あわせてチェックしてみてくださいね。

https://iratori.hatenablog.com

 

第一波 鍋つかみを返してくれない

 

お昼ご飯にドリアをトースターで

焼いていたときのこと。

 

なぜかこのタイミングで

壁にかかっている鍋つかみに

興味津々なイヤイヤ期真っ只中、

2歳半の息子ひーくん。

 

ひーくん 「あれなに?」

わたし  「なべつかみってゆうんだよ」

                   (渡す)

 

手を入れてモゾモゾ。

何だか楽しそう^^

 

と思ったのも、束の間。

トースターが

「チンッ!」と焼き上がりを伝えました。

 

わたし  「なべつかみ、返してくれる?」

ひーくん 「だめ」

わたし  「なべつかみ、返して💢」

ひーくん 「いやー!」と逃亡。

 

「チッ」と舌打ちしながら(笑)

他の布を使って

何とかドリアを取り出したのでした。

 

第一波はそれだけ(笑)

「チッ」って言ってしまった自分に

ちょっと引きながら、

ちゃんと折れることができた自分に

ホッとするのでした。

 

 

第二波 みかんを自分でむきたくない

 

昼ご飯も無事に済み、

食後にみかんを食べてようとしていたときのこと。

大きなみかんだったので、みんなで1つ。

 

ひーくんが代表して剥いてくれました。

でも、剥き途中に穴に親指を入れたり(いつも)、

剥き終わったみかんはいつも果汁でベタベタ(笑)

 

それでも、一生懸命に剥く姿は何とも可愛い💕

 

さーそれを分けるとき、

4歳2ヶ月の娘まーちゃんが

「これ食べたくない」と。

 

まあ、まーちゃんは手が汚れるのは大の苦手なので、

想定内。「そうなんだね〜」と交わし、

 

わたし  「じゃあもうひとつ持っておいで」

まーちゃん「うん」

     (持ってきたのに、ちっとも剥こうとしないまーちゃん)

わたし  「自分で剥いてね」

まーちゃん「手が汚れるから、いや!」

わたし  「自分で剥いてね」

まーちゃん「イヤ“〜!」

     (寝転んで全身で拒否!)

わたし  「いやなんだね〜」

     (と共感しつつ、こちらも譲るつもりはない)

 

でも、この状態で何か言ってもイライラするだけなので、

とりあえず、泣かせようとしばらく放置。

私は、いつものごとく、歌い始める(笑)

 

これが私の「のれんに腕押し」という一番の手段!

(泣きわめく声をとにかく聞かないよう気をそらす)

詳しくはこちら↓

最後の砦!!大噴火しそうなときの対処法(とにかく気を逸らす) - IRATORI

 

今日は私の大好きな清水翔太さん

「I'm in love」を熱唱…(笑)

大体、昭和・平成の名曲を歌いますが、

今はこれが私の旬の曲なんです!

(余談でした)

 

まーちゃんの泣きが少し落ち着いたところで

わたし   「うちは、

       自分のみかんは自分で剥くルールだよ。

       手が汚れたら洗えばいい。

       手が汚れるのを恐れるな!

       応援してるよ!」

まーちゃん 「う〜」(泣)

わたし   「じゃあ、半分だけ剥いてあげようか?」

まーちゃん 「うん!」

 

そして、約束通り、半分を私が剥いてあげて

半分をすんなりまーちゃんが剥きました。

 

私もまーちゃんも、ニコニコ。

「できたね❤︎」と頭を撫でて上げました。

 

まーちゃんの泣き声のパワーはものすごく

すぐ扁桃体※を刺激されちゃうので、

泣き出したら、私は歌う!を徹底して

今回もさらりとうまく交わすことができたのでした!

(よくやった!私!)

 

・・・・・・・《補足》・・・・・・・・・・・・・・

扁桃体とは、不安や恐怖などの感情を機敏にキャッチし

怒りで脳内を瞬時に支配してしてしまう脳のある部分。

この扁桃体に冷静な思考回路を奪われる前に

対処するのがとても大事!

扁桃体に乗っ取られてしまった後は、既に手遅れ!

大噴火への道、まっしぐらなのです。

 

 

第三波 クイックルワイパーで頭を叩く

 

我が家には、

短く折れてしまったクイックルワイパーがあります。

それが子どもにぴったりの長さ。

 

階段下収納にしまってあるコレに

またしても興味を持ってしまったひーくん。

 

クイックルワイパーは床で使うものだよ!」

と説明しても、

私のももをゴシゴシしてきたり、

壁に擦り付けてみたり、

キッチンマットの上でやってみたり…。

 

「やめて〜😱」という気持ち、

分かってもらえますでしょうか…。

 

そこまでは何とか「床!床!💢」くらいで済んだけど、

極め付けは、まーちゃんの頭をそれで叩く。

(叩くと言っても、やさしめだけど)

 

でも、ちょっと悪いと分かってやってる顔。

「これはダメだったよね?」とちょっとわかっている顔。

 

はい!叱らなくてはいけない場面到来!

詳しくはこちら↓

子どもに怒ってしまった…。そんなとき、どうしたらいいの? - IRATORI

 

 

まーちゃんに「いやだったよね」とフォローしつつ

これから叱ろうとする私をすぐさま察知し、

すかさず逃げ出そうとするひーくん。

(顔はニコニコ、鬼ごっこするつもりらしい…)

 

私はここでちょっとやらかしてしまった…。

 

結構思い切り服を掴んで、床に寝転ばせ

クイックルワイパーを無言でぶんどりました。

「鬼ごっこなんてするかい!💢」

と心の中で呟きながら。

 

「あ“〜、やってしまった」と内心反省。

 

元々ちょっとイラついてたところに、

叱る場面到来で、

諭すことと怒ることがごっちゃになった悪い例です。

 

こういう場合は、優しく手に取って

諭さなくてはいけなかった〜。

怒ることとは別物なんです〜😭

 

だって、兄弟喧嘩の時に

「力づくでぶんどるなっ」てよく説教してるので

示しがつかなくなるんです😓

 

本気で怒っている私に、ひーくんは

ちょっと拗ねた顔をして、そのまま寝転んだまま。

 

クイックルワイパーで頭は叩かないでね」

と言いながら、優しく見つめて、

体をさすってあげました。

 

 

 

第四波 まーちゃん昼寝しない

 

これはまーちゃん、一ミリも悪くないんです。

私の機嫌の悪い瞬間に声をかけてきてしまった…。

それだけのこと!

でも、こういうのが結構危険なんですよね〜。

 

4歳になったまーちゃんも、やっと

だんだんお昼寝しない日が増えてきました。

それでも、今でも週7日の内4〜5日はお昼寝します。

 

元々、小さな頃から眠気にとても弱いタイプで

お昼寝できなかった日にゃあ、もう大変!

眠いときのぐずりが半端ないんです。

最後は泣き疲れて、

お風呂で頭を洗っている最中に

寝てしまうこともしばしば(笑)

 

それでも、最近は眠気に襲われながらも

ぐずらずに夜まで起きていられる

まーちゃんの成長に感じるのでした。

(余談でした)

 

 

今日は朝の散歩で汗をたっぷりかいたのもあって

寝るだろう…と思ってしまっていたんです。

(↑ちゃんと心づもりしてなかった)

 

すんなり寝るひーくんの傍らで元気なまーちゃん。

寝かすのを諦めるものの、

私のまだ心の整理がつかず

ちょっと不機嫌そうに、台所へ晩ご飯を作りに。

 

大体、お昼寝しないときは

晩ご飯作りと並行して

簡単なプチケーキを焼きます。

まーちゃんがまぜまぜして焼いて、

3時のおやつにするんです。

 

私も気を取り直しつつ、

ケーキ焼こうと思ったけど…

「待てよ!オーブンレンジ壊れてた!」

 

実は先日、オーブンレンジが壊れ

新しいオーブンレンジを買ったばかり。

でも、食器棚の裏のコンセントに刺すのが大変そうで

まだ設置しておらず…。

 

食器棚をずらすため、

買ってきた日に夫にお願いしたけど、

大体すぐやらないんです、私の夫は!

本当に3回言わないとやってくれません。笑

 

そんな夫にイライラし出す…。

それでも、

ケーキ作ってあげたいから私が設置せなあかんの?!💢

 

さらに、

ほうれん草も胡麻和えを作ろうと思ってたのに

そのほうれん草を味噌汁に入れてしまった!

その代わりの1品何にすればいいの〜!

という状態だし(笑)

 

そもそもまーちゃんにお昼寝して欲しかった〜(泣)

自分の時間がなくなってしまったことに、

まだ少し拗ねてる私。」(幼稚すぎる)

 

 

という私の心が悶々としているまさにそのとき、

まーちゃんが折り紙を持ってきて、

「ここが折れない〜!」と少々ぐずる。

 

それは、今朝一人で折れるようになったばかりのイチゴ。

 

自分で折れてたじゃん!

今忙しい!

という思いで

「自分で折れないなら、やめて」と言い放ってしまった。

 

これ一番言っちゃいかんやつ!

折り紙を嫌いにさせてしまう一言!

 

とっさに後悔する私。

 

「何だか、やばいぞ。この展開」と思って、

急いで、

イライラトリセつを持ってトイレに駆け込みました。

 

元々不機嫌だとしても、怒りは正当化できないんです。

まーちゃんに一切悪気はない。

 

気を取り戻して台所に戻ると

新しいオーブンレンジで

機嫌よくおままごとを始めていたまーちゃん。

 

大体、私にこう言った冷たい言葉に

過敏に反応するタイプなので、

さらに状況が悪化することが多いけど、

今回は、新品のオーブンレンジに助けられました。

 

でも、さっき放った私の言葉は、

なくすことなんてできない。

 

明日フォローしておこう。

「昨日はごめんね。悲しかったよね。

今日は一緒にイチゴ折らない?」と。

 

 

追記

翌日、普通に一人でイチゴを

折ってきたまーちやんなのでした。

折り紙を嫌いになってなくてよかった🥺

 

 

まとめ

 

 

は〜。

何とか今日も大噴火せずに済みました。

自分に「よく頑張ったね!」と言ってあげたいです。

 

でも、ひーくんからクイックルワイパーをぶんどったこと、

まーちゃんに冷たい言葉を放ってしまったこと。

それもあって、今日の私は🔺の評価でした。

 

誰にも評価されない子育ては、

自分しか評価してあげられません。

だから、カレンダーの片隅にでも自己採点を

日記代わりにつけてみてください。

そして、頑張ったね日には、ぜひご褒美を❣️

 

 

ちなみに、採点基準は、こんな感じです。

 

⭕️頑張った!いいぞ!

🔺危なかった!でも、踏ん張ったね!

❌虐待レベル。最低最悪

 

仕事は評価されますよね?

子育てはママの大事な立派な仕事です。

だから、ちゃんと評価されて然るべきだと思うです。

 

 

いつもきっかけは、ほんの些細なこと。

でも、それが何も気をつけていないと

大噴火級の怒りになってしまうんです。

本当に怖いことです。

 

【義父のようにならない】

【子どもを傷つけない】

 

 

そのために、

毎日、油断禁物!

順調にいってるときは、油断してしまうので危ないんです。

起こり得るシチュエーションをロールプレイングして

子どもに怒りをぶつけない日々を続けなくては😤

 

そして、

【普段からの心構え】を今一度心に染み込ませなくては。

 

詳しくはこちら↓

子どもへのイライラ大噴火を避けるために、まずやっておきたい3つの心構えとは?! - IRATORI

 

 

気が抜けないって大変な日々ですが、

子育てって、それを続けていくしかないと思うんです。

 

それでも、

子どもは最高の癒しでもあるんです😊

やっぱり可愛いですから。

この子たちのママになれたこと、

神様に感謝しかありません。

 

子どものため、自分のために、覚悟を決める。

それが私の今進むベき道です。

 

 

 

今回は、今日起きたこんなイライラ4つを

お話しさせていただきました。

聞いていただいてありがとうございました😊

 

以上、ココロでした!