IRATORI

ママのためのイライラトリセツ

f:id:KOKOLOLO:20200712152140p:plain

今の自分にOKを出そう(絶対的自己肯定感を高める方法)

自己肯定感は高い方ですか?実は、ママの自己肯定感を高めることで子育てのイライラが減っていくそうなのです。

🔹さくさく読む目次

自己肯定感には2種類ある

そもそも自己肯定感とは、「自分には価値あるがあると思える感情のこと」です。そして、大きく以下の2つに分けることができます。

1、相対的自己肯定感…誰かと比較する中で培われるもの。例えば、誰かより、学歴が高い、仕事ができるなど。

2、絶対的自己肯定感…誰かと比較するのではなく、自分は今のままで受け入れられている、大丈夫だと思うことです。

怒りの感情コントロールに必要なのは、絶対的自己肯定感

誰かと比較したりするのではなく、ありのままの自分で大丈夫と思えることが、怒りのコントロールに大切な要素になってきます。そんな絶対的自己肯定感を高める方法は2つ!

①毎日、自分で「できた」ことを確認する

絶対的自己肯定感を高める1つ目の方法は、自分ができたことを毎日、自分で確認していくこと。どんな些細なことでもOK。朝起きられたとか、仕事に行けたとか、誰もが「そんなの当たり前だよ」と思えることで構わないので、自分はできているということを毎日自分で確認することです。これをサクセスログといいます。特に、寝る前の時間は自己肯定感UPタイムと言われているので、ぜひ子どもと一緒に「できた」を確認し、親子で自己肯定感を高めていきたいですね。

②他人と比較しない

2つ目の方法は、他人との比較を一切止めること。人と比べて優れているかどうかはどうでもよく、自分が今やっていることに全力で取り組んでいるなら、それだけで十分。結果が出ていなくても問題ありません。今を受け入れ、自分が選んだ道で、きちんと努力ができているという実感を持てるようになれば、自分を受け入れ、自分が大好きでいられるようになります。そうすると、子どもに対しても、結果が出ていなくても、認めてあげることができるようになるのです。

まとめ

自己肯定感が低いと、他人の目を気にしすぎて、些細なことでも自分を責めたり、逆に人の気持ちをコントロールしようとしたりして、空回りしがちになります。今いる場所で、今やっていることを一生懸命やる。オンリーワンを目指すのではなく、今の自分にOKを出せる生き方を探すほうが、納得できる結果にたどり着けます。変わったことをしたり、人と違うことをすることが幸せではありません。誰かと比べずに、自分だけをちゃんと見つめて、根拠がなくたって「大丈夫さ」と言ってあげられる、そんなママの背中を子どもに見せてあげたいものですね。

🌟参考文献

🌟こちらもどうぞ

子育てをめぐる失敗は、子どもにとってプラス - IRATORI