IRATORI

ママのためのイライラトリセツ

f:id:KOKOLOLO:20200712152140p:plain

怒った事実は消せない

昨年2020年3月、

私はコップを投げ割りました。

シンクに破片が飛び散り、

当時4歳になったばかりの娘は泣き叫び、

私も床に泣き崩れました。

私にとって忘れられない日。

詳細は↓

「もう絶対怒らない!」私を決意させたきっかけ。 - IRATORI

 

それから1年以上経ち

娘は忘れたと思っていました。

いや、忘れてて欲しかった。

 

今朝のこと…

娘「あの青いコップもう使わないの?」

私「どのコップ?青なんてないよ?」

娘「取っ手のないコップ」

私「…(まさか)ガラスの?だいぶ前の?」

娘「そう!」

私「落ちて割れたよ」←嘘ついた

娘「お母さんが落としたんでしょ」←バレてる

 

…覚えてたの?と私は苦笑いしました。

娘も、少し苦笑い。

 

あれから、努力を重ね

怒りのレベルと怒る回数がぐっと減りました。

 

でも…

怒った事実は子どもの中に残り、

消えることはない。

そんなことを改めて痛感しました。

 

過ちを繰り返さないよう、

身の引き締めて、また一歩ずつ歩んでいきます。

 

日々書きたいこといっぱいあるのですが

アップが全然追いついていません。

が、これからも自分のペースで

怒りに苦しむママとお子さんの助けとなるような

記事を書いていきます!

 

🌟こちらもどうぞ

子育てをめぐる失敗は、子どもにとってプラス - IRATORI

 

f:id:KOKOLOLO:20210614124351p:image

ガラスの破片のその後。

これで忘れまい。