IRATORI

ママのためのイライラトリセツ

f:id:KOKOLOLO:20200712152140p:plain

登園しぶりにこの一冊 Part1

登園しぶり

オススメの絵本はこちら。

とにかく、

子どもの「行きたくない!」という気持ちを

受け止めてあげられる一冊です。

 

登園しぶり、

どんな理由であろうと

まずは行きたくないという気持ちを

受け止めてあげることがスタートライン!

 

🔹さくさく読む目次

気持ちをただ受け止める絵本

この絵本は

親のためでなく、

子どもの気持ちを受け止めるということに

重きを置いている一冊。

 

絵本の中身は、

ほとんど「ようちえん いやや」(笑)

まだ続くか!という感じですが、

最終的には

「おかあさんと離れたくない気持ち」

に触れながら、

子どもたちが幼稚園で

楽しそうに遊ぶ姿で締めくくられます。

 

気持ちを受け止めるのって意外と難しい

ネット検索すれば、

「子どもの気持ちを受け止めよう」

とでてきますよね。

 

ほんとその通りなんですけど…

どんなにギャン泣きしても、

幼稚園に行ってもらわなければいけない現実。

最初はできても、

こっちも気持ちを揺さぶられ

優しく受け止めることができなくなってきます。

 

でも、この絵本を読んであげている間だけは

しっかり「行きたくない」という気持ちを

受け止めてあげることができます!

 

みんなどうしてる?

息子の登園しぶりのあった1ヶ月半の間…

私は、幼稚園のお部屋の前で

息子 「いきたくないー!!」(大泣き)

私  「そうなんだねー」の一言。

そして、ぎゅーして、

タッチを30回もしてバイバイ。

 

いろいろ言おうとすると

「ほかのみんなは泣いてないよ?」

「もう赤ちゃんじゃないから、

 寂しくないでしょ?」

と周りと比較したり…

「幼稚園は楽しいよ?」と

その子の気持ちを軽んじるような

NGワードを発してしまうかもしれないからです。

超〜頑張って、

かける言葉を最小限にしています!(汗)

 

送り届けた後、

響き渡る息子の泣き声を聞いて

なんだか申し訳ない気持ちにもなり

もうちょっと他の声の掛け方あったかな…

などと考えたりします。

 

ちなみに、この絵本を読んだときは

最初はそれどうかなー?と思って

読みましたが、

息子の読んだ時の一言は

「これ、○○くんじゃん(笑)」。

と自分としっかり重ねてました。

 

そして、最後に私から抱きしました。

「気持ち受け止めてるよー」アピール!

 

原因ある?いや、ないんじゃないだろうか。

「登園渋り」などとネット検索してると

その子なりの理由があるって書いてありませんか?

幼稚園でいやなことあったとか云々。

 

なんだろう?!と

原因を探して、不安になっちゃったり(・_・;

 

でも、私は明確な理由もなく

泣くことも多いように思ったんです。

ただお母さんと離れたくないだけ。

 

息子は私と離れた後

普通に楽しそうに遊んでいるみたいです。

幼稚園嫌いとは言わない。

幼稚園の話もたくさんしてくれる。

などから考えて

何か嫌なことがあったわけではないと。

 

「お母さんと朝も昼も夜も一緒にいたいんだ!」

「幼稚園の横にお家があったら泣かないよ。」

なんて可愛いことを言ってくれて

本当にそうなんだろうなと感じました。

理由を探るのをやめました。

 

ただほんとに理由がある子も

たくさんいると思いますが😭

お疲れ様です😭

 

ということで、

こんな絵本もあるんだと参考にしていただければ。

 

🌟こちらもどうぞ

登園しぶりにこの一冊 Part2 - IRATORI